茅ケ崎ラグビースクール

アクセスカウンタ

help RSS 県大会(11/12,13)の結果報告

<<   作成日時 : 2008/10/20 12:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

さて、ミニの県大会も始まりました。
結果掲載が遅れてしまい大変恐縮です。

画像


◇3年生

後藤です。
県大会の結果をお知らせします。

第一試合
茅ヶ崎B対横浜B 12対45

第三試合
茅ヶ崎A対横浜A 0対41

どちらも残念ながら負けてしまいました。
全体的に大きく劣っているところはなかったと思いますが、
一つ一つのプレーの最後に詰めの甘さがあり、
大きな差となってしまいました。
ただ、いつもより良い所も随所にみられ、
日々進化している所もあり、
まだまだ強くなれる可能を見せてくれました。

今後ともご支援をおねがいします。
最後に本日サポートしていただきました、
お父さんがた、ありがとうございました。
また宜しくお願いします。

◇5年生

お疲れ様です。
5年白崎です。

5年生県大会第一戦のご報告をさせて頂きます。

□場所/みなとみらいスポーツパーク

□A面第五試合12:00-12:40 
5年生Aブロック第一試合 
横浜A 75-7 茅ヶ崎A
(前半0-35、後半7-40)
出場選手
出 拓実、名須川 侑征、広瀬圭太郎、立花 梨音、
白崎 駿、魚躬 鉄平、角石 晃洋、澤井奏、山田 蓮

主力選手を怪我で欠き厳しい試合となりました。
思わぬ点差での大敗を喫しました。
前半中盤までは0-0で推移しておりましたが、先制トライを奪われてから
170cmを越える横浜大型FW陣の圧力に接点で劣勢に回り、
ボールの支配権を完全に奪われてしまいました。
茅ヶ崎のオフサイドの多さ、タックルの甘さ、
ダウンボール等ボールさばきの
雑さ等よろしくない点が目についた一戦でした。
ただ、要所要所、子供たちは互角以上に戦い、
一生懸命にプレイしていたのは言うまでもありません。
ちょっとしたことでの違いがこのような点差になってしまう、
いい例だと思います。コーチ陣、選手も勉強になった一戦でした。
今後、前記したポイントを修正しチームがベストの状態になれば、
次節以降の試合にまだまだ、十分に対応できると確信しています。
選手の奮起に期待したところです。


□B面第六試合12:40-13:20 

5年生Bブロック第一試合
茅ヶ崎B 28−21 グリーンYC
(前半14-14  後半14-7)
三橋凪輝、鈴木 隆司、青木 悠人、内永 東吾、
谷本 悠起、澤田 啓祐、大貫 航太朗、笹岡 英将、寺山 卓人

一進一退の攻防を制し、後半終了一分前に勝ち越しトライを奪う
劇的な勝利でした。
Bチームは最高のスタートを切ることが出来ました。
力のある選手は勇敢な突進を見せ、
スピードのある選手はグランド広く使い走り回り、
また、勇敢なタックルも随所に見られ、
それぞれの選手は自分の持ち味を十二分に発揮し
茅ヶ崎らしい走り回る楽く激しいラグビーができたと思います。
また、この県大会で初めて15分前後半出場した選手もおりましたが、
全ての時間帯で足が止まることなく動き回れたました。
これは春以降取り組んできた辛い走り込みについて来れたからだと
思っています。よく頑張ってくれました。
修正点としては、タックルの甘さやボールを持ちすぎる点等
まだまだ多くあると思います。これらの点の修正を
急ぎ、この勢いを次節以降の強豪戦にぶつけていきたいと思います。

長時間に亘り、ご声援サポート頂きました保護者の方々、
ありがとうございました。

個性的な選手が多い5年生。
これからABチームともまだ各3試合残しています。
引き続き温かい声援をよろしくお願いいたします。

5年コーチ白崎

◇6年生

皆様 お疲れ様です。田代です。
昨日行われました、6年生県大会初戦の内容をご報告いたします。

●茅ケ崎 26-33 横須賀B (前半 26-12、後半 0-21)
 試合前から、相手の体の大きさに圧倒されましたが、
試合開始直後、大型FWのパワープレーでラックから簡単にターンオーバーされ、
完全に流れを持って行かれました。
開始1分、大きな相手バックスに中央突破でトライを奪われます。
その後も接点で、ボールキープができず、押されっぱなしでしたが、
5分にMYボールスクラムから、バックスのサインプレーでトライをあげると、
7分と11分、14分にも数少ないチャンスからバックスの展開でトライを奪い、
前半を26-12のリードで終えました。しかしボールの獲得率は30%くらいだったと思います。

 後半も開始早々から、圧倒的に攻め込まれ、ゴールラインを背にした展開が続きますが、
粘り強いサイドディフェンスや、タッチキックで何とかしのぎ、
12分まで1トライに抑えました。この時点で26-19でしたが、残り3分FWの突進を止め切れず、
ついに同点に追いつかれます。このゴールキックが決まった時点で、残り1分。
相手キックオフから果敢に得点を取りに攻め込みましたが、攻めきれずラックからターンオーバーされて、
逆にトライを許してしまいました。ゴールが決まったところでノーサイドとなりました。

 このチームを期待して応援していただいている皆様には、たいへん申し訳ない結果となりましたが、
子供たちは、ひるまず、勇気を持ってプレーを続けていました。
押され続けても、何とかしたいという気持ちは十分に伝わりました。
 当日は、たくさんの皆様に、大津まで足を運んでいただき、大きな声で応援していただきました。
本当にありがとうございました。
今回の結果をしっかりと受け止め、今後の試合に生かして行きたいと思います。
14名全員で戦うこのチームのスタイルを、今後も続けて行きます。

◇4年生

各位

4年生の試合結果をお知らせします。

【結果】

●茅ヶ崎A(チームWEST)7 vs 40 横浜B○

横浜Bの接点のプレッシャーでゲームの流れを持っていかれました。
「接点でファイトすればボールを奪える」と確信した横浜と
接点でやられて受身に回った茅ヶ崎との違いでした。
後半最初に自陣ゴールラインにへばりついた状況で
横浜の猛攻を5分間以上耐えたチームWESTのタックルと頑張りは褒めるに値するプ
レーでした!
このときのFW陣の出足は良く、流れが変わるか!?と思いましたが、
しかし最後には息が切れトライを許し、横浜側が勢いに乗ったようでした。
タックルでは横浜の大型選手相手に頑張っていましたが、
特に密集でのメンタル面での差は大きいように思えました。
「ボールを奪ってやるぞ!」と「やられるかもしれない」の差が出たと思います。
この辺りが修正点で、今後練習でフォローしたいと思います。


○茅ヶ崎B(チームEAST)72 vs 10 横浜D●

啓登・広空・護・将太たちの活躍で、
突破して、立って繋いで、パスで動かして仕留める
という良い流れを作ることができました。
横浜Dは〃Bに比べると接点のプレッシャーも小さく、戦い易かった相手だと思いま
す。
外側のDFアップが遅れて相手トライに繋がった2つのケースは、今後の要修正点で
す。

開哉が抜けてSOに大きな穴が開いたと思いましたが、
ゲームでは啓登がいい感じのロングキックも含めて開哉の穴を埋めてくれている感が
します。
今回、創が自由に走るようになってきました。今後が楽しみです。
DFのプレッシャーの速い横浜Bが相手では、結果はどうなったか判りませんが、
とりあえずBチームの一勝を讃えたいと思います。

HC和田

◇ジュニアCチーム

こんばんは梶です。本日の試合結果を報告します。
横浜Cチーム31点茅ヶ崎川崎チーム7点で敗れてしまいました。
前半は7対7で折り返しましたが後半に24点取られてしまいました。
横浜は、フォワードの集散が速くアタックを継続されディフェンスを破られるというパターンがほとんどでした。
茅ヶ崎からは、後半に伊藤君、唐澤君、吉田君の三名が出場し、頑張りました。
伊藤君が途中肩を傷めて退場てしまいました。最近怪我人が続いているので少し心配ですが明日も試合があるので、
頑張ります。

テーマ

テーマ検索

テーマレーダー

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文