茅ケ崎ラグビースクール

アクセスカウンタ

help RSS 県大会のご報告(ミニ3,4年生)

<<   作成日時 : 2008/12/01 19:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

県大会が終了しました。
ゲームは選手達にとって最大に楽しみです。
今年も勇んで試合会場に向かう選手達の
姿を沢山見ることが出来ました。

遅くなって恐縮ですが、ミニ3,4年生の報告を掲載します。

□3年生

◇10/12
本日の県大会の結果をお知らせします。
第一試合
茅ヶ崎B対横浜B 12対45
第三試合
茅ヶ崎A対横浜A 0対41
どちらも残念ながら負けてしまいました。
全体的に大きく劣っているところはなかったと思いますが、
一つ一つのプレーの最後に詰めの甘さがあり、
大きな差となってしまいました。
ただ、いつもより良い所も随所にみられ、
日々進化している所もあり、まだまだ強くなれる可能を見せてくれました。

今後ともご支援をおねがいします。
最後に本日サポートしていただきました、
お父さんがた、ありがとうございました。また宜しくお願いします。

◇10/19
後藤です。
三年生の県大会第二戦の速報をお知らせします。
第三試合 茅ヶ崎A対横須賀A 37対14 勝ち
第四試合 茅ヶ崎B対相模原A 22対42 負け
どちらの試合も前半は互角の内容でしたが、
後半でがまんし、うまく波乗れるかどうかのわずかな差でした。
しかし、内容では第一戦とはまったく異なり、
ルーズボールへの寄せやフォローもしっかり出来、
ディフェンスも前へ前へとしっかり出来次に繋がる良い内容でした。
次回までにまた修正し次の勝ちに繋げて行きたいと思います。


◇10/26
後藤です。
三年生の県大会第三戦の結果をお知らせします。
第三試合 茅ヶ崎A対鎌倉A 0対49 負け
第四試合 茅ヶ崎B対大和B 45対0 勝ち

鎌倉戦は、ペナルティからのリスタートがはやく対応しきれなかった事が目につきました。
また、旨い選手(一人)を止めきれなかったのも痛かったです。
大和戦は前回の修正が出来た良い内容のゲームだったと思います。
次の試合まで暫く間があるので、修正する所と伸ばす所、きっちり練習していきたいと思います。
最後にトライ後のキックが一本も決まらなかった事も悔やまれました。キックも練習していきましょう。


◇11/16
三年生Aチームの結果をお知らせします。
対藤沢A 5対66 負
Aチームは県大会を一勝三敗で終えました。
御父兄の片方ありがとうございました。
次週Bチームの試合がありますので最後までよろしくお願いします。
参考に藤沢Bとの練習試合は12対42でまけました。

三年生最後の県大会の結果をお知らせします。
茅ヶ崎B対麻生 14対14
引き分けでした。
前後半通してディフェンスに意識がしっかり持て、いいゲームが出来たと思います。
次に繋がる試合で、確実に子供達の成長が感じられました。
今日は各家庭でいっぱいほめてあげてください。
また、お手伝いいただきました、御父兄と立花コーチ
ありがとうございました。


□4年生

◇10/12

県大会@みなとみらいSP 4年生の試合結果をお知らせします。

【結果】

●茅ヶ崎A(チームWEST)7 vs 40 横浜B○
横浜Bの接点のプレッシャーでゲームの流れを持っていかれました。
「接点でファイトすればボールを奪える」と確信した横浜と
接点でやられて受身に回った茅ヶ崎との違いでした。
後半最初に自陣ゴールラインにへばりついた状況で
横浜の猛攻を5分間以上耐えたチームWESTのタックルと頑張りは褒めるに値するプレーでした!
このときのFW陣の出足は良く、流れが変わるか!?と思いましたが、
しかし最後には息が切れトライを許し、横浜側が勢いに乗ったようでした。
タックルでは横浜の大型選手相手に頑張っていましたが、
特に密集でのメンタル面での差は大きいように思えました。
「ボールを奪ってやるぞ!」と「やられるかもしれない」の差が出たと思います。
この辺りが修正点で、今後練習でフォローしたいと思います。


○茅ヶ崎B(チームEAST)72 vs 10 横浜D●

啓登・広空・護・将太たちの活躍で、
突破して、立って繋いで、パスで動かして仕留める
という良い流れを作ることができました。
横浜Dは〃Bに比べると接点のプレッシャーも小さく、戦い易かった相手だと思います。
外側のDFアップが遅れて相手トライに繋がった2つのケースは、今後の要修正点です。
開哉が抜けてSOに大きな穴が開いたと思いましたが、
ゲームでは啓登がいい感じのロングキックも含めて開哉の穴を埋めてくれている感がします。
今回、創が自由に走るようになってきました。今後が楽しみです。
DFのプレッシャーの速い横浜Bが相手では、結果はどうなったか判りませんが、
とりあえずBチームの一勝を讃えたいと思います。

HC和田

◇10/19

試合結果を報告します。
○茅ヶ崎A(チームWEST)47vs19麻生B●
茅ヶ崎チームの個々人のランニングプレーで勝ちました。
前半、麻生のラックプレーの纏まりにおされ、連続ボール支配を許しましたが
ここ一発のランニングでとんとんの状況で折り返しました。
後半は、外側のディフェンスの整わない麻生の弱点を突いて、
スピードランナー達が得点を重ねました。
押されながらも、何とか勝ちきることができました。
密集での速さ/力の無さは茅ヶ崎A,Bチーム両方に共通するところです。
課題は山積みですが、
今後の練習で修正して行きます。

●茅ヶ崎B(チームEAST)5vs89相模原B○
接点のプレッシャーと集散の速さで完全に負け、大敗を喫した試合でした。
選手たちの目に悔し涙が溢れましたが、次回に繋がるよう
コーチ・選手一丸となって頑張りたいと思います。
まず、前半に接点(ラック)でボールを支配され、
「Fightすればボールが捕れる!」と思った相模原Bと
接点で負け尻込みしていた茅ヶ崎Bの差が大きく出たように思えます。

総評;
接点に入る前に相手を見て待ってしまう、
速く貪欲にボール奪取ができない、
外側への展開意識がない、
など色々な課題が残る試合になりました。
試合後のコーチ間のミーティングでも修正点・強化ポイントが
出て、それらを今後活かします。
何より、選手たちの悔しさが一番のバネになると思います。
今後も、4年生達をよろしくお願いします。

◇11/3

海老名陸上競技場での茅ヶ崎RS4年生の試合結果を報告いたします。

【茅ヶ崎RS B(チームEAST)37○vs●27海老名RS】
最後まで手に汗握るナイスゲームでした。両軍を褒めてあげたいと思います。
前半終了前までは茅ヶ崎10点−海老名12点のどちらも譲らぬ試合でした。
海老名の大型FWがハンドオフで外側を走りきってトライすれば
こちらもモールサイドの隙間を突いてトライを取り返していました。
前半終了間際に茅ヶ崎Bが
スクラム-SH-SO-CTB-WTB-SH-SO(啓登)→TRYと、展開&継ぎで得点を奪い
勢いを得て折り返します。
後半は互いにトライを奪い合い、最後の数分27vs27の同点から
密集サイドの素早いピックアップで2本トライを奪い突き放し、ノーサイドとなりました。

茅ヶ崎Bチームは接点では寄りの速さでやや負けボール支配を許したものの
HBを中心としたフォローと繋ぎのプレーで勝機を得ました。
脚の速いBKが居るのも貴重な得点源でした。
何よりも、シーソーゲームを勝ち切った彼らの
ファイトを褒めたいと思います。

修正点・反省点は色々ありますが、練習でカバーしていくと思います。

2勝1敗となった茅ヶ崎Bチームですが、最後の1戦も
応援をお願いいたします。

【茅ヶ崎RS A&B mix 20●vs○64横浜C&B&A】練習試合

横浜RSさんの好意で練習試合を組んで頂きました。
午後4時近くまで長い時間残っていただいた父母の方々には
ご協力感謝申し上げます。
相手横浜RSはまずC、ついでB→Aとメンバーを繰り出してきました。
この前大敗した横浜Bが出てきてた時間帯はトライ数で
CRSが3トライ、YRSが6トライと
前回にくらべかなり善戦できました。
タックルとショートパスの繋ぎが良かったのが善戦の要因だと思います。
一転、横浜Aはさすがに手強く、茅ヶ崎チームの外側にできたスペースを見逃さず
大型選手にどんどん外展開をされ圧倒されました。
こちらのDFの立ち位置など勉強になる点も多い試合で
次に繋げたいと思います。
試合後の反省会でも、
ただ負けただけではなく
前回の敗戦より自分達がより良くできた事を話し合い
彼らも少し気持ちの上で逞しくなったような気がしました。

◇11/16県大会

@中野Gでの試合結果をお伝えします。

【茅ヶ崎A(WEST)●28vs41○鎌倉B】

前半から接点で押されリズムがつかめず、相手に外を抜かれていました。
前に出てプレッシャーをかけるディフェンスができず、
アウトサイドでも、近場でも、相手に各プレーでゲインを
許しました。茅ヶ崎Aも個人技で対抗し何とか頑張っていましたが、
後半に入り、相手が接点連取から大型FWを走らせてくると
気持ちの面でも負けてしまい、後半は大敗となりました。
スコア以上に負けていたと思います。
今一度、一人ひとりが責任をもって速く前に出て
プレッシャーをかける事を心がけ、
次回練習で修正し、最終戦に望みたいと思います。


【茅ヶ崎B(EAST)25●vs○33秦野】

秦野は俊足WTBにトライを取らせるチームで
前半からパスで外側を攻めてきました。
こちらも接点では互角に渡り合い、
またバックスのディフェンス出足が良く
前半は6点差で折り返しました。
後半は秦野のオープン攻撃を
やはり早く前につめるディフェンスで凌ぎ
ゲーム終了前1点差のゲームを何とかしたかったのですが、
最後の最後で1トライを奪われ突き放されました。
その前の数分に渡る出足の速い防御の頑張りは
褒めてやりたいと思います。
こちらのアタックは縦突破とつなぎのプレーで頑張っていましたが
やはり俊足WTB一人を抑え切れなかった敗戦でした。
惜しい試合を落としてしまいました。
Bチームは2勝2敗で県大会を終えました。

和田

◇11/23

茅ヶ崎Aの試合結果をお知らせします。
茅ヶ崎A 20●vs○47 川崎A

外のスペースでうまくゲインした川崎Aに敗れました。
外側を抜かれる原因は
 ・セットプレーはよいが、2次・3次のモール・ラックでの
  ディフェンスの前進/プレッシャーが無い。
 ・味方選手のフォローが足らない
の2点だと思います。前戦(対鎌倉B)のときよりも
内容の良いゲームだと思いますが、
川崎Aには一歩及びませんでした。

もっと「前に」出れるチームを目指しましたが、
実際は難しい点が多かったように思います。
今年の県大会はAチーム(WEST)が1勝3敗、
Bチーム(EAST)が2勝2敗でした。
しかし、今年はバックスのメンバーが新しく育ち
来年に繋げることができました。
(なかでも創と凛太郎の成長は素晴らしいと思います)

来年度は、彼らがもっと勝負を楽しめるよう、
指導内容を考えて行きたいと思います。
 速く前に出てプレッシャーを掛け、ボールを奪う、
 スピードをつけて突破する/繋ぐ、
 次のプレーを予測して積極的に速く動く、
 最後まで全力で走りきる
こんな言葉がキーワードになるかと思います。
県大会を通じて
お世話になった父母会・コーチの方々には
感謝いたします。
今後も応援よろしくお願いします。

和田

テーマ

テーマ検索

テーマレーダー

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文