茅ケ崎ラグビースクール

アクセスカウンタ

help RSS 先輩たちからの励ましのメッセージ

<<   作成日時 : 2009/10/12 20:35   >>

トラックバック 0 / コメント 1

ジュニアAチームに贈る
〜先輩たちからの励ましのメッセージ

◇ 青木鷹より
残る試合はあと二つ
その二試合をするまでの練習は1〜2回くらい
もうあと二回ほどでチーム全体の練習が終わってしまう
この三年間が終わってしまう
もうスクールのみんなと県大会優勝を目指した練習が終わってしまう

僕らの時は予選は勝って当たり前の試合だった
けど一生懸命だった
出来るだけ長くスクールのみんなとラグビーがしたいと思っていました
だから学校が終わった後も集まれる奴で集まって練習したりもした

今、どんなにチームが落ちかけていても
やる気のないやつがいても
それでいいのか?
みんなが目指した県大会はそれでいいのか?
もし「いやだ!」という人がいたならまだチームは強くなるはず

あと二試合しかない
試合が終わったときに泣けるくらいの試合をしてください
頑張ってください

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

◇ 吉川広竜より
君達が残りの二試合という最後の舞台を、最高の形で終わらすか、悔いの残る後味の悪いものにするかは、君達の試合に取り組む姿勢や気持ちの入り具合で大きく変わってくると思います。

私は今でも中学最後のあの県大会のことを鮮明に覚えています。
たぶんこの先も忘れることはないでしょう。
特にDAGS、横浜戦のことは心に深く刻まれています。
試合終了の笛がなると勝ち負け関係なく、相手と抱き合い大声で泣くほど感情が高ぶりとても感動的なものになりました。
私は君達にこの経験をしてほしいです。

このことはラグビー選手として大きな自信に繋がりますし、何より自分を人間として成長させてくれます。

本当に頑張ってください。応援しています。


◇ 青木周大より
こんばんは。周大です。
僕からあまり偉そうに言えることはありませんが、思ったことをいいたいと思います。

三年生は中学生活でのラグビーがもうすぐ終わろうとしています。
正直、高校受験やテスト勉強で忙しい中学生活でラグビーだけをやるのは難しいかもしれません。
でもせっかく三年間頑張ってきたラグビーで一つでも心に残るものを得てほしいです。

残り少ない試合、終わった後に「まだできた」と思っても遅いです。
一人一人が力を出しきった時、みんなの記憶に残るものになると思います。

頑張って下さい!
応援してます!

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

◇後記
人は何かのきっかけで変わります。
例えば他人に何かを言われてやる気がでたり、あるいはやる気を失ってしまったり。
さて今回、ジュニアAチームに励ましの言葉をくれないか?と三人の先輩に頼みました。
おそらく、それぞれ自分のことで手一杯な時期だったと思います。ですが彼らは二つ返事で快く文章を送ってくれました。実にありがたいことです。
 しかし、これは私の怠慢でしかないのですが、本来は全卒業生に同じ事をお願いすべきでした。
多分、私がもしちゃんとそのことをしていたならば、卒業生全てが三人と同じように快く励ましのメッセージをくれたことでしょう。
そして、三人と同じように君たちに「勝て」とは決して言わず、「後悔しないように、力を出し切って欲しい」「応援しているよ」と言ったことでしょう。
改めて言うことではありませんが、君たちはこういった人達に支えられてラグビーをしているのです。

平成21年10月10日
青木竜馬
画像

テーマ

テーマ検索

テーマレーダー

月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
久しぶりに感動するブログ、有難うございます。
卒業生、立派になるもんですね(笑)
3年生も卒業生も皆、頑張ってほしいです。
私も がんばろっと
さんぼ
2009/10/22 12:26

コメントする help

ニックネーム
本 文