茅ケ崎ラグビースクール

アクセスカウンタ

help RSS Jr.県大会 Aチーム・Bチーム

<<   作成日時 : 2010/10/04 15:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日は、お疲れ様でした。
jr県大会の結果を報告します。

Aチーム

唐沢コーチよりメール

県大会第3戦 Aチーム

対 藤沢の結果を報告させて頂きます。

☆結果

17対29(前半トライ数3:2 キック数1:0=17:10・後半トライ数0:3 キック数0:2=0:19)

でした。

前半外へトライパターンの繋ぐプレーを意識した結果 藤沢を振り切りトライを取り、FWも前回の反省
からキックオフから戻される事もなく、今までミニから50点以上取られていた相手から前半リードする最高
の形で折り返す事ができました。

後半さすがの相手もFW戦に切り替えてFWが耐え切れず攻撃へと転じる機会が少なく、トライをじわり、
じわりと取られ攻撃やペナルティーを得ても試合巧者とはいかずプレーの選択ミスが多く追いつけた試合
を逃した結果になりました。

但し混合チームだから仕方がありませんが、やっとこの3戦目で自分達のラグビーが出来てきたと思います。
次からは、順位決定戦になりましたが、海老名・秦野共仲が良く本当に1つのチームになりつつあります。

このチーム6名は・・・
1年生の時は混合チームとして前半・後半のどちらかしか出れず
2年生の時はAチームとして戦い
3年生になっても3チーム合同チームとして色んな思いをして戦ってきた3年生ですが、諦めずここまで6人
で来ました。勝敗は厳しいですが、色んな思いを乗り越えた誇れる選手達です。
残りの試合も茅ヶ崎代表として最後まで諦めずがんばりますのでジュニア・茅ヶ崎一丸となって応援よろしくお願います。


また応援しに来てくれたOBのみんなありがとう御座いました。またよろしくお願いします。


★★★

今回1番良い内容の試合だったと思います。
タックルも1人1人がいき、強い気持ちを感じさせられました。
合同チームですし、2年生もいるAチーム。
誰かがやってくれるじゃなくて
自分が行くんだという走りを見せてもらいました。
それは、やっぱり先輩だなっと思います。
残りの試合も諦めず、一生懸命頑張ってください。
私達も応援&サポートしっかりとやります。
悔いの残らない試合にしてください。



続いてBチーム

梶コーチよりメール

こんばんは梶です。本日行われた県大会のBチームの試合結果をお知らせします。前半茅ヶ崎5、海老名、秦野0 後半茅ヶ崎10、海老名秦野12でわずか3点差ながら勝利しました。内容的にはミスが多くもう少し点差をつけて勝てる試合でした。本日はたくさんの茅ヶ崎スクールのOB達も応援に駆けつけてくれました。試合前の練習では、タックルの台などもかってでてくれてありがとう!現役の子どもたちも嬉しかったと思います。最後に本日試合会場に応援に来ていただいた父母の皆さんありがとう御座いました。まだ試合は続きます。引き続き応援のほどよろしくお願いします


★★★

私は、悔しい気持ちでいっぱいです。
前回反省した部分を胸に試合に望んだはずなのに
それがあまり出来ませんでした。
体力もあまりついていけず、走れず
タックルもあまり決まらず
後半自分自身がコールをしなくなり。
『人のコト言えないじゃん』という想いでいっぱいになりました。
私が声を出さなくなったら
ダメなのに…と。
昨日家に帰ってからも
今日も何度も何度もDVDを見て良いところ・悪いところを
探しました。
やっぱり、パスミスですね。
流れながら、パスをしたって結局は流れてるし
相手に捕まることの確率だってたかくなります。

Bチームは、つなげる意識というのは高いです。
だからこそ
どういう所にボールをパスしたらもらう方は走りやすいのか
というのを練習でやるべきだと私は思いました。
後は、走る事ですね。
これは、自分自身でも思いました。
なので、チームに迷惑をかけないためにも自分がまずやろうと思います。

Bチームは、次横浜戦です。
今のままでは、確実に負けるでしょう。
私は、負けたくないです。絶対に。
じゃあ、負けないためにもどれだけ集中できるか
これが大切だと思います。

1つ1つの練習が力になります。
その事を忘れずに・・・。


10月10日は、AチームとCチームの試合です。
応援&サポートよろしくお願いします。

1年生のみなさん
昨日も2年生のサポートどうもありがとう。
今度は、私達2年生がサポートするからね。
試合を楽しんで、一生懸命にやってください。

jr、2年 青木蘭





テーマ

テーマ検索

テーマレーダー

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文