茅ケ崎ラグビースクール

アクセスカウンタ

help RSS 最高の恩返し

<<   作成日時 : 2010/12/06 20:17   >>

トラックバック 0 / コメント 3

画像
皆さんこんばんは
お久しぶりです。
風邪など引いていませんか?
まだまだ、寒いですけれど体調管理には十分気をつけて
過ごしていきましょう!
(人のコトを言えないのですが…(笑))

さてさて、あれからポスターの反響はどうですか?
私の学校では、先生方にすごい支持を得ています。
『頑張っているんだね』とか
『今度どんな練習をしているのか見て見たいな』とか
色々な言葉をもらっています。

実際、『ラグビーをしてみたい』という子ども達が増えていると
私は確信しています。
ラグビーって楽しいンだよ!っということを選手(生徒)自信が伝えて行くことが大切です。
まだまだ、少しずつだけれど頑張って行きましょう!
後、今週の土曜日(12月11日)にスクールの開放Dayがあります。
仲間を増やす為に、沢山友達を連れてきてください!


ブログを書いていないここ2ヶ月くらい私自身
色々なことがありました。
沢山苦しんで、沢山悩んで、沢山泣いて…。
このブログを読んでくださっている方々で私みたいに思っている方は
沢山いると思います。
『自分は、本当にチームの役にたっているのだろうか』
『ほめられないのは、実力がないから?』
『どうして、急にタックルにいけなくなったのか』
『今、ラグビー楽しい?』

こういう悩みって誰のせいでもないのです。
選手には良くあること。

そんな時にまとめてみた言葉達があります。
今は、これらのお陰でまたやる気が出ました。

『目立たないことをするというのは、スターであるより重要な事』
目立っている選手の陰では、こつこつと地味な仕事をしてチームに貢献している選手がいる。
嫌々やっていれば、だれも評価はしない。
自分の与えられたその仕事を全うしてやる。
人は見てくれているのだ。

『人1倍不器用だから、人1倍努力した。そうしたら人についていけるようになった』
努力した人にしか与えられない感情がある。
やらないより、やった方がいい。
誰が見ているから頑張ろうではない。
自分が『上手くなりたい』という気持ちが1番大切。
だって、自分自身の体や心を動かせるのは自分自身だから。

『プレーの源。それは、誰かに必要としてもらえること』
誰かに必要とされると、自分が思っている以上に力が発揮される。
必要とされるには、それほどの選手にならなければならない。
相手に任せっきりの選手など伸びるはずもない。
監督・コーチに必要とされ、チームメイトに必要とされ、ファンの方々に必要とされる。
自分のプレーを認められていると思うのだ。
だから、頑張れる。
良いプレーが出来る。

『誰だってスランプの時期がある。でも、それをどう乗り切るかが他人とのプレーの違いに出る』
「もう無理かもしれない。これが限界なのだ」
だれだってそう思う時はある。
でも、それで終わった後の後悔は半端のないもの。
どう乗り切るか。選手は常に考える。
考えるだけでは、始まらない。実行する。
それが、他人とのプレー(実力)に差が出る鍵になる。

『応援してくれる人に勇気の恩返し』
弱い自分を隠すのが人間。
自分を飾って、大きく見せるのが人間。
プレーヤーだってそうだ。
相手に自分の弱い所を見つけられたら負け。
1つ1つが駆け引きなのだ。
でも、そんな自分を全力で応援してくれる人がいる。
自分のプレーをほめてくれる人がいる。
ありがとうだけじゃ足りない。
応援してくれている人に全力のプレーで感謝の気持ち。
怖がっている自分を殺してまで相手に立ち向かう勇気の姿を見せるのが
最高の恩返しなのだ。


一つ一つの言葉に意味がそれぞれあります。
それは、プレーヤーだってそう。
1人1人の力があるから、勝利を手にすることが出来るのです。
この言葉達をかいている時私はそう思いました。
もし、私みたいに悩んでいる人がいたら是非読んで頂きたいです。
きっと答えを見つけることが出来るはず。
過去の自分より、すばらしい未来の自分に出会えるはずです。
そして、改めてラグビーが好きになり
全力でプレーにうちこめるはずです。

長くなりましたが、読んでくださった皆様ありがとうございました!

jr.2年 青木蘭



テーマ

テーマ検索

テーマレーダー

月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
蘭ちゃん頑張って!!
キム峻パパ
2010/12/12 21:10
元気付けられました!!
hisayukinotsure
2010/12/13 23:00
えらい!
勇気をもらった
P
2010/12/25 19:24

コメントする help

ニックネーム
本 文